福岡経済記者クラブでの資料配布はどうするの?

メディアに資料を届ける方法の一つとして、記者クラブでの資料配布があります。その方法について簡単にご説明します。

福岡での記者クラブの種類と概要

福岡市内には、次の4つの記者クラブがあります。

・福岡経済記者クラブ(福岡商工会議所内。福岡に経済拠点のある企業対象)

・福岡証券金融記者クラブ(福岡証券取引所内。福証上場企業対象)

・福岡市政記者クラブ(福岡市役所内。福岡市政の情報収集)

・福岡県政記者クラブ(福岡県庁内。福岡県政の情報収集)

ビジネス関連の記者クラブには、証券金融記者クラブがありますが、基本的に福証上場企業の決算などの情報が配布されたりレクチャーが行われたりします。従って、一般的なビジネスに関するニュースリリースであれば、基本的に福岡経済記者クラブでの配布となります。

福岡経済記者クラブでの資料配布要領

記者クラブには月ごとの輪番制で幹事会社が決められています。資料を配布するにあたっては、予め幹事会社の許可が必要となります。尚、経済記者クラブで配布する場合、福岡商工会議所の会員か否かは関係ありません。

-幹事会社について

幹事会社は毎月2社設定されています。前半は1社が主幹事でもう1社が副幹事、後半は担当が反対になります。「毎日・RKB」⇒「日経・TVQ」⇒「読売・FBS」⇒「西日本・TNC」⇒「朝日・KBC」⇒「共同通信・産経」⇒「NHK・時事通信」の順番で交代しています。

幹事会社の連絡先は、福岡商工会議所(092-441-1110)に連絡すれば教えてもらえます。

-幹事会社の許可取得

記者クラブで配布したい旨を主幹事会社に電話で連絡します。主幹事会社からは、「福岡経済記者クラブ幹事社申込書」の記入とファックス送信を求められます。記者クラブでの配布予定の前日15時までにファックスで送付します。サブの幹事社にも同時にファックスします。「申込書」は電話連絡の際に幹事会社から入手してください。

申込書には、「記者会見(レク)」or「資料配布」or「FAX」を選択するようになっています。リリースを配布するだけでしたら「資料配布」に丸をつけます。「記者会見(レク)」の場合は、発表日時の調整が必要になりますので、幹事会社の指示に従います。

-配布の仕方

配布申込時間に、福岡商工会議所の地下1階にある記者クラブの中の資料棚に配布します。記者クラブには誰もいないことが多いですが、電気をつけて入っても構いません。

部数は23部です。各棚にメディアの名前が書いていますので、そこに配布して終わりです。

定期的に各社手配のバイク便が資料を取りに来ます。

-留意事項

TV局の場合は報道部にしか資料が届きません(制作部との共有はなされません)。制作部に送りたい場合は、個別にファックスかメールでのPDF送付をしてください。全体的にはファックスの方が好まれますが、送付方法は各社に確認してください。

幹事会社以外の加盟社は、九州の各県紙(長崎新聞、南日本新聞、熊本日日新聞、佐賀新聞、大分合同新聞、宮崎日日新聞)、サガテレビ、日刊工業新聞、日本金融通信です(合計23社)。

西日本新聞・読売新聞・毎日新聞・朝日新聞には細かな支局がありますので、案件によっては支局にもメールで送った方が確実な場合があります(福岡経済記者クラブでも配布した旨を記載して)。本当にローカル案件の場合は、記者クラブでは配布せずに支局だけに送ることもあります。福岡市内以外に企業の本社がある場合は、記者クラブでの配布前に、先ずは近くの支局に連絡してみてください。

福岡経済記者クラブでの資料配布はどうするの?
トップへ戻る