福岡のフリーペーパー/WEBメディアで地域イベントを告知いただきました。

8月上旬に行われる地域イベントのPRのお手伝いをしています。コロナ禍が完全には収まっていない中ではありますが、一方で経済の活性化も課題であり、メディアとしても、感染拡大防止策の徹底度合いを見ながら、これまで報道を自粛していたイベントの紹介に徐々に動き出しているように見受けられます。

このイベントは今年が2回目。当初6月に実施予定でしたがコロナの影響で延期していました。コロナ禍の状況と季節性に鑑みて、8月上旬開催としたものです。ここにきて感染者がまた拡大しつつある中、主催者は感染防止対策を徹底することを再確認し、今のところは予定通り開催の方向で考えています。

現在までに掲載いただいたのは、「ファンファン福岡(紙)」、「cocomi(WEB)」、「そらいろ(WEB)」です。

【ファンファン福岡の概要】

「ファンファン福岡」は西日本新聞社が発行しているフリーペーパー&ウェブメディアで、福岡では最大規模を誇ります。フリーペーパーは毎週金曜日に約34万5千部が発行され、福岡都市圏の集合住宅へのポスティング(33万部)、福岡市営地下鉄各駅・西日本新聞本社への設置で配布されています。また、E-BOOKとして同社のサイトで見ることもできます。ウェブ版の記事は毎日更新され、月間230万PVを集めています。両者とも、福岡都市圏のグルメ、お出かけ、エンタメ、文化などの情報や、トレンドの先を読んだ特集記事が人気の総合情報誌です。

【cocomiの概要】

「cocomi」と「そらいろ」は、両方とも久留米市近郊をターゲットとしたフリーペーパー&ウェブメディアで、広告宣伝・店舗ディスプレイ・WEB制作など、デザインを使った販促を業務としている㈱ツクリテが発行しています。「cocomi(紙媒体)」は毎月25日発行。発行部数は5万8千部。「cocomiオンライン」は月間383万PVあるそうです。地域に根差したグルメ・旅・カルチャーなど大人のライフスタイルを豊かにする情報を提供することをコンセプトにしています。銀行・スーパー・コンビニ・病院など日常的に利用する場所に設置されています。

【そらいろの概要】

「そらいろ(紙媒体)」は奇数月に5万部発行されています。「『私らしい子育て』をコンセプトにママたちが子育てを背負わず、楽しくオシャレに毎日を過ごせるような情報を紹介する」フリーペーパーです。久留米市や近隣市町村で、小さな子供や若いお母さんたちが集まる保育園・幼稚園、ショッピングモール、小児科医などに配布されています。

【情報誌の活用について】

イベント告知の場合、人々の目にふれてもらう機会を少しでも増やすことが重要です。フリーの情報誌は他のマスメディアとは異なる層に、ターゲットをある程度絞った形で情報を届けられる貴重なメディアといえるでしょう。ただ、フリーペーパーは基本的に広告収入で成り立っていますので、パブリシティ(広報活動による無料の情報掲載)の枠は非常に限られています。地元の消費者に効果的にアピールする手段として、フリーペーパーへの有料広告もコストパフォーマンスの高い選択肢だと思います。近隣の方々の認知度向上がビジネスに直結する場合は、広告出稿をご検討されては如何でしょうか?