建設産業界の全国紙「日刊建設工業新聞」で紹介されました

【新聞の種類】
新聞といえば、「全国紙」とよばれる読売(790万部)・朝日(528万部)・毎日(231万部)・日経(224万部)・産経(135万部)、広域で販売される「ブロック紙」の北海道・東京・中日・西日本、「県紙」とよばれる各県の代表的な新聞などが、一般の方々には馴染み深いと思います(全国紙の部数は2019年12月)。

これらは政治・経済・産業・社会・文化・スポーツなどを総合的に報道しますが、「産業経済紙」とよばれる日経産業・日刊工業・日経MJ・フジサンケイビジネスアイ(旧日本工業)などは、文字通り製造業・流通小売業などの産業全般に関して、より深掘りした情報を全国規模で発信しています。

【業界別専門紙とは】
更に狭い領域を専門的に深く取り上げるのが、「業界別専門紙」(業界紙)です。今回のお客様の商品は土木建築用資機材の一つでしたので、直接の顧客である工事業者の購買担当者が目にする建設・建築領域の業界専門紙誌を中心に、ホームセンターのバイヤーの情報源でもある産業経済紙、DIY系雑誌などにリリースを配信しました。

商品単独をメディアに取り上げられることは一般メディアの場合は非常に難しいのですが、業界専門紙の場合、最近はWEBサイトも含めて掲載スペースが拡大していますので、紹介頂ける可能性がより高いようです。

【掲載媒体の概要】
今回は、建築・建設業界専門紙の中で、日刊建設通信新聞と並ぶ最大手の日刊建設工業新聞に商品を紹介いただきました。日刊建設工業新聞は、平日発行される全国規模の日刊紙で、発行部数は33万8千部。北海道から九州まで全国に取材拠点があります。政府や自治体の公共事業に関する方針や入札案件などの日々の動き、民間が開発した新工法・新資機材の情報などを、WEBも交えて幅広く報道しています。

【掲載内容】
今回の商品は他社の類似品と比べて優れた点が幾つもありましたが、昨今の土木建設現場での人手不足や住民の環境意識の高まりに対して、施工時間を大幅に短縮できる点を強調してリリースを配信しました。記事では、これらの特長を簡潔にまとめて、魅力的な商品としてご紹介いただきました。