日経MJに掲載されました

あらゆる業種のバイヤーの方々が常に参考にされるという日経MJ。先日も大手ホームセンターのバイヤーの方々が何を情報源としているかについて、コーナン商事、コメリ、カインズ他、計5社のバイヤーさんに直接ヒアリングを行ったところ、全てのバイヤーの方々が筆頭に掲げられたのが日経MJでした。

今回は製品開発の都合により情報提供が2月中旬となりたいへん遅かったのですが、ご厚意により春の節句の前日に何とか節句関連の製品を掲載頂きました。ただ、季節商品だけに、バイヤーの方々が目にとめて発注に至るには情報提供のタイミングが遅すぎました。記事では関連商品にも言及いただいたことで、そちらにも遡って関心を寄せてもらえればと願っております。

一般的には月刊誌の場合では、2月発売号での掲載を目指すには遅くとも12月上旬までに情報提供する必要があります。この辺りは広報と製品開発の連携が求められるところです。