NHK「あさイチ」の生放送に立ち会いました。

【番組概要】
朝の情報番組の中で人気No.1を誇るNHK「あさイチ」。「おでかけLIVE」のコーナーでは、日本全国の気になるスポットや旬の取り組みの状況を生中継で伝えています。

コロナウィルスの関係で、ここ数か月は休止となっていましたが、6月下旬より関東圏内の中継を手始めに再開し、8月からは一部リモートも交えて他県の中継が始まりました。

【地方局の役割】
地方からの中継の場合、内容の企画やディレクションから撮影まで、その地域のNHKが担当されています。そういう方々は日頃から案件に沿う企業や話題がないか調査を行っており、新聞やネット、民放のローカル番組が取り上げる情報なども参考にされているようです。

今回中継された企業は、最近情報発信に努められておりましたので、その結果が調査の網に引っ掛かったものだと思います。

【地方局での報道の重要性】
福岡や九州では、東京や大阪などの都市圏と異なり、高価な商品が売れなかったり、市場自体が小さかったりしますので、経営者の中には、ローカルで報道されることの価値を低く考える方もいらっしゃいます。

ただ、民放ローカル局の方から伺うには、キー局が番組内容を企画する際に、こういった企業・人・案件を知らないか?との問い合わせが系列局にあるそうです。キー局からすれば地元の系列局の情報は、番組の意図を踏まえた信頼のおける情報となります。

NHKにせよ民放にせよ、先ずは地元の局に熟知してもらうこと。これが何よりの王道です。短期的な売り上げ効果では測れない、企業としての資産となっていくのです。